Intel® C++ Composer XE 2013 for Linux*, Update 1

インテル® C++ Composer XE 2013 には、IA-32、インテル® 64、インテル® メニー・インテグレーテッド・コア (インテル® MIC) アーキテクチャー・システム向けの最新のインテル® C/C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリーが含まれます。
本リリースに含まれるコンポーネント: インテル® C++ コンパイラー XE 13.0 Update 1、インテル® デバッガー 13.0 Update 1、インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) 11.0 Update 1、インテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ (インテル® IPP) 7.1 Update 1、インテル® スレッディング・ビルディング・ブロック (インテル® TBB) 4.1 Update 1

本リリースの新機能/変更内容:

  • インテル® C++ コンパイラー XE 13.0.1
  • インテル® デバッガー 13.0.1
  • インテル® マス・カーネル・ライブラリー 11.0 Update 1
  • インテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ 7.1 Update 1
  • インテル® スレッディング・ビルディング・ブロック 4.1 Update 1
  • Eclipse* プラットフォームのバージョン 4.2 および 3.8、Eclipse CDT 8.1 のサポート
  • インライン・アセンブリーと組込み関数での新しいインテル® アーキテクチャー (開発コード名: Broadwell) のサポート
  • -opt-streaming-cache-evict および -opt-threads-per-core のサポート (インテル® メニー・インテグレーテッド・コア (インテル® MIC) アーキテクチャー用)
  • -check-pointers=w
  • Microsoft* ループプラグマのサポート
  • 報告された問題の修正

注: 詳細は、各コンポーネントのリリースノートを参照してください。

既知の問題: FlexLM* サーバーは、ネットワーク・インターフェイス名 eth0-eth9 のみを認識します。その他のネットワーク・インターフェイス名が使用されている場合、FlexLM サーバーは正しいホスト ID を認識できません。この問題は現在、修正中です。回避策として、ネットワーク・インターフェイス名を eth0-eth9 に変更してください。

リソース

コンテンツ
ファイル: l_ccompxe_2013.1.xxx.tgz
32 ビットおよび 64 ビット・アプリケーションの開発製品

ファイル: l_ccompxe_ia32_2013.1.xxx.tgz
32 ビット・アプリケーションの開発製品

ファイル: l_ccompxe_intel64_2013.1.xxx.tgz
64 ビット・アプリケーションの開発製品

ファイル: l_ccompxe_2013.1.xxx_redist.tgz
再配布可能ライブラリー

ファイル: l_ccompxe_gen_ipp_7.1.1.xxx.tgz
シリアルアドオン (インテル® IPP)

ファイル: l_ccompxe_threaded_static_ipp_7.1.1.xxx.tgz
マルチスレッド・ライブラリー・アドオン (インテル® IPP)

ファイル: get-crypto-library.htm
暗号化ライブラリー

有关编译器优化的更完整信息,请参阅优化通知